自信に満ちあふれた毎日
  1. ここぞという時の瞬発力!頼れるED治療薬レビスマ   >  
  2. 注意!レビスマの副作用

注意!レビスマの副作用

副作用の注意

自信をもってナイトライフを楽しませてくれるレビスマは、単なる精力剤ではなくれっきとした医薬品。
副作用についての情報は、十分に頭にいれておく必要があります。
セックスを楽しむためにせっかく勃起させても、体調が万全でなければ思いっきり満喫できませんよね。
どんな副作用が出るのか知っておけば、気になる症状が現れても落ち着いて対処することができます。

レビスマに懸念されている副作用は、

・頭痛
・体のほてり
・鼻づまり
・目の充血
・動悸

などがあります。
いずれも有効成分バルデナフィルの血管拡張作用によるもの。現れやすい軽度副作用として報告されていて、セックスしている途中から頭痛が…という人や、むしょうに体が熱くなるという人は多いようです。症状があまり気にならないという程度なら問題ありませんが、セックスを続けるのは困難という場合も。
体調の変化には十分な注意を払い、症状があまりにひどい場合には医療機関の受診を。症状がきつ過ぎるという人は、量を減らしてみるか薬を変えることを検討しましょう。

よくある症状は頭痛で、薬の成分が体内から抜ければ副作用もなくなりますが、痛みで行為に集中できないという場合には市販の頭痛薬を使ってOK。

また、併用禁止薬もあります。

・硝酸剤(心筋梗塞、脳梗塞)
・抗ウイルス薬 (HIV)
・内服の抗真菌薬 (水虫や性病などカビによる感染症)
・抗不整脈薬

こういった薬による治療を行っている人は、レビスマの服用は控えてください。

みなぎる力を取り戻したい!と欲望を叶えようとするあまりに体調を崩してしまっては、元も子もありません。
レビスマを使うなら、その効果はもちろん副作用についても正しく理解しておきたいもの。自信のある自分自身で、安心してセックスを楽しみたいですね。